第21期高野山真言宗 神奈川青年教師会  


by 18ksk

3月末の被災地支援活動その1

3月末に初めて高野山真言宗神奈川青年教師会が被災地に赴き、
支援活動、読経供養をしてきた時のことを
横浜市西区、赤門町の東福寺増田真祐師が書き起こして下さいました。
ご報告も兼ねまして、ここに掲載させていただきます。
お読みくださいませ。 ↓

c0221206_145036.jpg


陸前高田という一つの街が、この土地にあったとは思えない、
思いたくない光景が目の前に広がっていました。
地表にある建物は津波によって押し倒され、引き波で根元から引き剥がされ、
暗い海の奥底に何もかも引きずり込まれてしまったかの様。
全てをさらわれた地表には、まるでこれから家を建てる分譲地のように、コンクリートの基礎ばかりが無惨に残り、海からのヘドロが乾いて土ぼこりとなり、荒野となってしまった地表に吹き始めていました。
 
c0221206_1472821.jpg



大震災から十七日後、青年教師会の十七名が被災地に入りました。
三月二十七日の夕方、横浜駅ならびにセンター南駅周辺で托鉢し、
街行く方々から預かった浄財と共に、トラックと自家用車四台に物資を満載して、その晩に出発。
明け方に陸前高田市へ到着し、まず眼にしたのが前記の光景でした。
その後、街中に車と船と瓦礫が幾重にも重なりあう気仙沼港周辺を抜けて・・・
c0221206_14425348.jpg


石巻市に入り、避難所となっている住吉中学校と隣の小学校に向かい、まず二ヶ所で夕食時間に合わせ炊き出しさせて頂きました。
 

配給のお米を炊く自衛隊に紛れて、校舎の昇降口で野菜を切り大鍋では豚汁の準備。
大セイロでは何重にも重ねて中華まんじゅうを蒸かしました。
出来上がりの頃になると中学生達が出てきて
「うあぁ〜おいしそぉ〜!これなら毎日食べても絶対飽きないよぉ!」
と喜びの声。自衛隊からの配給は毎日白いご飯だけです。
如何に充分な食事が行き届いていないかを、この一言が物語っており、出来上がった五百食近くの豚汁と中華まんじゅうは、あっという間に皆様へ残らず行き渡りました。

c0221206_1494919.jpg

炊き出しの片付け後、たまたま借りられた公民館にて各自持参した寝袋に入り一応眠りにつきましたが、
寒さのため何度も夜中に目を覚ましながら翌朝を迎えました。
お世話になった公民館を後にすると、そのすぐ近くでは自衛隊の張った相当数のテントを目にしました。
毎日が不眠不休で、更には夜の寒さにも耐えながら、ひたすら被災地復興のために尽力される自衛隊の方々。現地で自衛隊員はヒーローとして眼に映ります。
この方々の援助無くしてこの地の復興はあり得ない。迷彩色のテントの数々に感謝と敬意を以て手を合わせ、次の被災地に向かいました。
 
二日目は南三陸町に向かい、女性職員さんが防災無線放送で住民に避難を呼び続けながら亡くなられて逝った、津波被害の象徴とも言える防災対策庁舎の前で、心を込めての読経。

c0221206_14124784.jpg


その後、南三陸町のさらに奥にある支援の手が届きにくい歌津という集落に向かい、物資を届け炊き出しをし、夜通し車を走らせて、明け方無事に横浜へ戻って参りました。
 
c0221206_141311100.jpg


・・・・つづきます。
[PR]
by 18ksk | 2011-06-10 14:13 | 被災地支援活動