第21期高野山真言宗 神奈川青年教師会  


by 18ksk

2年が経ち・・・

東日本大震災から、2年の月日が流れました。

私達、神奈川青年教師会も、支援活動を通じて、様々な事を、感じ、考え、悩み、学んだ2年でした

僧侶である前にまず人であり・・・・

個々の想いを、祈りに託して、供養の想いを祈りに託して。

様々な場所へ。

c0221206_1152324.jpg


c0221206_11545854.jpg


袋から取り出して、撒いているのは、「加持土砂」というものです。

光明真言の功徳を土砂に籠め、それを撒くと、如何なる者をも救われる、という信仰によるものです。

高野山では、年中行事の中にも「土砂加持法会」として今も執り行われております。
清浄な土砂を探し、今回の為に法会をしっかりと執り行い、加持された土砂です。

如何なる者をも、救いたい。
それは人間の慈悲の想いでもあります。
光明真言と加持土砂の信仰は、その想いが、具現化されたものでもあります。

どんなに酷く苦難の状況にある者も、救われて欲しい。
その願いを形にして儀式化したものです。

人は真っ暗な所を歩くとき、不安なものです。
たとえ遠くても、光明が一筋でもあれば、そこを目指して歩いて行く事が出来ます。
それはまさに、希望の光です。

c0221206_11552418.jpg


想いを重ねて、
高野山真言宗神奈川青年教師会は、
これからも、復興の為に何かお手伝いを、と、活動を続けて参ります。
[PR]
by 18ksk | 2013-03-31 12:17