第21期高野山真言宗 神奈川青年教師会  


by 18ksk

歌津にて、餅つき!!

震災直後、私たちは歌津に行き、炊き出しをしたことがあります。
避難所ではなく、在宅で過ごしていらっしゃる地域に、炊き出しに行ったのです。

その時、炊き出しに行った僕らに、「なんにも出来ないけれどお礼に食べて欲しい」と、
津波から逃れた「名産のウニの塩漬け」を頂いたのです。

僕らはそれを食べた事で、支援への想いを固めたと言っても、大げさではありません。

さて、今回、再びその歌津へ。
ウニをくれたおばちゃん達と一緒に、餅つきをするのが目的です。
先方からも、「一緒に餅つきしたいねぇ!!」と、仰って頂き、今回の行事です。

・・・・気が付いた方もいらっしゃるとおもいますが、今回は「支援」ではありません(笑
支援ではなく、完全に交流会なのです。

さて、数か月ぶりに行く歌津。南三陸。

c0221206_930643.jpg


c0221206_9303551.jpg


瓦礫の撤去が進んだ・・・だけの地域・・・という印象。
津波の被害はそれほどに甚大。
何より街づくりの計画が、被災地では中々進んでいないという現状も。

けれど、こんなお店も!?

c0221206_9393525.jpg


ラ、ラーメン屋さん!!? バスで営業!?
今、こうした努力で、様々にお店が再建へと努力をしていたりします。
プレハブで商店街を作ったりと、そういう話を幾つも聞きます。
そういったお店を支援するには・・・・買う事、なんですよね。

・・・・さて、歌津の目的のお宅に到着!!
挨拶して早速の準備!!
c0221206_9443117.jpg

手慣れたものです、が。この、お湯を沸かすのが大変なんですよね。
結構時間が掛かるのです。風よけだとか、絶対に必要です。

あ、そうそう。臼も、杵も、釜も、ほとんど全て、道具は持参いたしておりますよ!!

c0221206_945369.jpg


ホラ、支援でも何でもなくって、ただの餅つき交流会です。
しかも、杵を持ったことのない若手の僧侶も居るので、逆に迷惑をかけてる気がします。(笑
下準備でも、おばちゃん達の方が、当然、要領が良い訳で・・・・ハイ、僕らも精進します。

そしてついに、杵を持って、餅つき開始!! 
c0221206_9502762.jpg


c0221206_951221.jpg


c0221206_9515736.jpg


c0221206_9523050.jpg


つき立てのお餅は、美味しいですか~!!!?
そして、きなこをつけて・・・・これが美味しいんですよ。
c0221206_9534015.jpg


緊急を要する事態だった、3月の歌津。
その時にはこのお宅や周辺も、かなりの被害だったのです。
車が横倒しになり、流された様々なものが流れ着き、お宅の一階部分は津波に呑まれ・・・・

そんな時に、炊き出しに向かいました。
(このブログの過去記事にもございますので、探してみて下さい。)
でもね、
おばちゃん達から、「炊き出しに来てくれたのは、貴方達だけ」という言葉が。

色々なボランティア団体があるけれど、避難所には行くけれど、在宅の方々の所には来ない。
在宅といえど、一階部分が被害に遭っている場所が多いのです。
これは、被災地のどの地域に行っても、現地の声で上がっていた言葉です。

今回の災害ボランティアでの、大きな問題点のひとつ、なのです。
もっともっと、こういった事に耳を傾け、これからどうして行ったら良いかを「皆で」考えなければなりません。
誰かが、やってくれる・・・・自分達には関係ない、ではもう駄目なんです。
それを震災が教えてくれています。

もう一つ、問題があるのです。
家がかろうじて残って、住まわれている方々と、仮設住宅に住まわれている方々との交流が、実はあまり無いそうなのです。これは難しい問題なのですが、私達も知っておく必要があります。
家が、ある。
家が、津波で流された為に無い。
という事が問題になる場合もあるのです。
交流したくても、双方に、行き辛い空気があると言うことなのです。
これは、端的に述べられるようなことではありません。
どっちが良いとか、悪いとか、そういう事でもない。
 
復興、復興、と言葉にするのは簡単です。
けれど、その裏には、並々ならぬ現地の方々の我慢と、努力があるのです。

復興を目指すのは現地の方々。
被災地に住まない僕らは、支援、を続けます。
物資を配布という支援は、もう時期が過ぎた感もあります。遠隔地からの支援は難しいかもしれません。
けれど、被災地やその周辺の「名産、生産品を買う」という支援もあります。
地元にお金を落とす、という支援もあります。
色々考えて行きたいですね。


・・・・さて!!

餅つきに行ったのに。

c0221206_10132952.jpg

逆にお世話になっちゃってたりして・・・・・
本当に有り難い!!

僕らの、本当に忘れられない思い出になりました!
地域にお住いの方々の優しさに、甘えるばかりで・・・・。
本当にありがとうございました!!楽しかった!!
[PR]
by 18ksk | 2012-01-25 10:16 | 被災地支援活動